足立区で子供の歯並び相談|小児矯正・マウスピース矯正なら

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分/「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:00 ×

最終アポイントは終了時刻の30分前です
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

03-3857-9418

矯正後の後戻りのリスクと対処法

■矯正後の後戻りのリスクと対処法

 

矯正治療には必ず後戻りのリスクを伴います。歯の移動が終わったからといって、そのまま放置すると、元の位置へ徐々に戻っていってしまうのです。そのため、保定(ほてい)と呼ばれる処置が必要になります。今回はそんな矯正後の後戻りのリスクとその対処法についてわかりやすく解説します。

 

▼なぜ後戻りが生じるの?

 

歯並びというのは、骨の形や大きさ、歯の本数などによって形作られるものなので、歯列不正があったとしても、その人にとってはそれが自然な状態といえます。ですから、矯正治療によって歯を強引に移動することは、不自然な状態を作ることになるため、歯が元の位置に戻ろうとします。

 

▼美しい歯並びを自然な状態にする処置

 

適正な方法で矯正すれば、美しい歯並びを自然な状態とすることが可能とになります。そのためには、便宜抜歯をしたり、時間をかけて顎の骨のリモデリングを行ったりすることが必要になります。さらに、保定処置を実施することで、美しい歯並びを定着させることが可能となります。

 

▼保定処置とは?

 

保定処置は、リテーナーと呼ばれる保定装置を装着して、歯の位置を固定する治療です。リテーナーにはいろいろな種類がありますが、動的治療に用いた装置ほど複雑なものではありませんのでご安心ください。

 

▼まとめ

 

このように、歯列矯正を行った後には後戻りを防止するための保定が必要となります。保定処置まできちんとやり遂げれば、歯並びをいつまでも美しい状態に保つことも難しくなくなります。

 

以下のページもご覧ください

お子さまの矯正は、「成長する力」を利用して行います。経験豊富な歯科医師が担当しますので、お気軽にご相談ください。

患者さま一人ひとりのお口の状態やご希望に合わせ、さまざまな種類の矯正治療を用意しています。

矯正治療の流れについてご案内します。治療後の観察やメインテナンスも充実しています。

患者さまから寄せられる「よくある質問」にお答えします。ここにない質問などありましたら、遠慮なくスタッフまでお声がけください。

院内の様子や、治療機器についてご紹介するページです。来院される前にぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かWEB予約よりお気軽にご連絡ください。

03-3857-9418

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
※最終アポイントは終了時刻の30分前です。
休診日:日曜・祝日

03-3857-9418

〒121-0824
東京都足立区西伊興 4-8-20

東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分
「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分