竹ノ塚で子供・大人の歯並び相談|小児矯正・マウスピース矯正(インビザライン)なら

〒121-0824 東京都足立区西伊興 4-8-20
東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分/「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分

診療時間
9:00~13:00 ×
14:30~18:00 ×

最終アポイントは終了時刻の30分前です
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

03-3857-9418

矯正治療における保定装置とは?

■矯正治療における保定装置とは?

 

矯正治療は、歯を動かす“動的治療”と、動かした歯を固定する“保定処置”の2つに大きく分けることができます。いわゆる保定装置は、後者の期間に使用します。今回はそんな保定装置についてわかりやすく解説します。

 

▼歯の後戻りを防止する装置

 

リテーナーとも呼ばれる保定装置は、動的治療によって移動した歯を固定するために用いられます。つまり、歯の後戻りを防止するための装置ですね。保定装置の形態はさまざまで、ケースに応じた最適といえるタイプを選択することになります。具体的には、マウスピースタイプやワイヤータイプのリテーナーがあります。動的治療に用いるマルチブラケット装置ほど複雑なものではないのでご安心ください。

 

▼保定装置の装着期間

 

保定装置は、歯を動かすのに要した期間と同程度、装着することになります。例えば、ワイヤー矯正で3年の期間を要した場合は、保定装置も2~3年程度、装着します。とても長く感じるかもしれませんが、歯の後戻りを防止する上で必須の処置なので、最後までしっかりやり遂げるようにしましょう。

 

▼インビザラインの保定装置は?

 

マウスピース型矯正のインビザラインでは、マウスピース型の保定装置を使用することが可能です。従来のものよりも快適な面が多い、優れた保定装置といえます。

 

▼まとめ

 

このように、矯正治療における保定装置は、歯の後戻りを防止するという点において、極めて重要な役割を担っています。

以下のページもご覧ください

お子さまの矯正は、「成長する力」を利用して行います。経験豊富な歯科医師が担当しますので、お気軽にご相談ください。

患者さま一人ひとりのお口の状態やご希望に合わせ、さまざまな種類の矯正治療を用意しています。

矯正治療の流れについてご案内します。治療後の観察やメインテナンスも充実しています。

患者さまから寄せられる「よくある質問」にお答えします。ここにない質問などありましたら、遠慮なくスタッフまでお声がけください。

院内の様子や、治療機器についてご紹介するページです。来院される前にぜひチェックしてみてください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かWEB予約よりお気軽にご連絡ください。

03-3857-9418

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:9:00~13:00
午後:14:30~18:30
※最終アポイントは終了時刻の30分前です。
休診日:日曜・祝日

03-3857-9418

〒121-0824
東京都足立区西伊興 4-8-20

東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口よりバス7分
「はんの木橋」バス停下車目の前
舎人ライナー「舎人駅」より徒歩13分